初心者でもできる!ミックスボイス習得のコツ


044b92e30b299145f28fe97fab17060a_s.jpg
ミックスボイスについて、私なりに習得に励みいろいろ四苦八苦した経験から、できるだけ多くの方が簡単にコツを掴んでいただけるよう記事にいたしました。


スポンサーリンク

1.ミックスボイスとは?

そもそもミックスボイスって何なのかと言うと・・・・
すごく詳しいサイトが他にいっぱいあるのでここでは割愛(笑)
と、言うのもですね、『ミックスボイスって何なのか』を深く考えるよりもこれだけ分かったらOKというものが私なりにありますので、本当にそれだけお教えします。
まず、諸説ありますが、ミックスボイスは地声の様な響きの裏声だと私は捉えています。
最初は信じられませんでしたが、練習を重ねるうちにそう確信する様になりました。
ミックスボイスのコツをつかむには感覚的なところが大きいので、これを疑ってかかるより、『この裏声が将来、憧れのあの声になるんだ~』とイメージして練習した方が習得は早いと思います。
実際、ミックスボイスという言葉を知らなかった人が、プロの歌声のモノマネをしているうちに自然とミックスボイスが身に付いていたというケースがあるくらいです。
この声の真似を声帯模写(ある人が作った造語らしいですが)と言いまして、手っ取り早くミックスボイスを習得したければ積極的に取り入れるのがいいでしょう。

2.ミックスボイスの練習法

STEP.1 声帯の存在を感じよう

声を発する時には誰だって声帯はしっかりと閉じます。
閉じていない時、それはただの息となって肺から空気が出ていきます。
普通の裏声はこの声帯の閉じが地声発声時より弱い(接触している面積が少ない)のですが、ミックスボイスはその状態よりも声帯を閉じる必要があります。
で、自分の意志で閉じる為には当然、自分自身が声帯の存在を感じる必要があります。
声帯の存在を感じる方法は「は~」と息を吐いている状態から、喉で息をせき止めます。
「ピタ」って止まりましたね。
今、声帯は閉じています。
これを毎日数分でも続けるとはっきりと声帯の存在を感じられるようになり、閉じることも思い通りに出来る様になります。


スポンサーリンク

STEP.2 声帯を閉じた状態から発声する

これがちょっとコツが要ります。
閉じた状態からの発声は慣れていないと、その状態から発声しようとしてもいったん声帯が開き、普通の発声になってしまいます。
このコツを掴むのに私が独自であみだした(大げさですが)方法は、「偽のゲップ」です。
子供の頃にやったことがある方もいるかもしれませんが、これって勢いよく瞬間的な音を出そうとして、閉じた声帯のところで圧力を高めて一気に出そうとするんですよね。
この「偽のゲップ」を小声で歯切れよく連続で「アッアッアッア」ってやると、声帯が閉じた状態からの発声の仕方が何となく分かってくるんじゃないかと思います。

STEP.3 声帯を閉じた状態から裏声を出す

簡単にワンツースリーのステップで言っていますが、そんなに簡単ではないです(^_^;)
とにかく何度も声を出して、今までか細かった裏声に芯が入った様な感覚を掴みましょう。

STEP.4 モノマネ(声帯模写)

ここまできたら、後はひたすら憧れの歌手のマネをしましょう。


スポンサーリンク



カラオケランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ カラオケへ
にほんブログ村