地声張り上げを見直してみよう


・地声張り上げを見直してみよう

初めてヒトカラをやった日から1年ぐらいが経過した頃、livedamの精密採点DXで90点台が出る様になってきた。

それからというもの、90点越えの曲を増やしていくのが楽しくてますますヒトカラにハマっていった。

が、初90点から1年ぐらい経過したところで自分の歌を録音して聞いてみて愕然とした。
すごくヘタなのである。

とくに酷いのが高音になるサビ

私はL’Arc~en~Cielの大ファンなのだが、気持ちよく熱唱しているサビがとにかく酷い(笑)
聞き苦しいと言ったらいいでしょうか。平たく言うと耳障りでした。

しかし依然としてマシンのスコアは90点超え。

闇雲に歌い続けても駄目だと思いネットで調べ・・・・・前記事のプログラムCD付き ミックスボイストレーニングで必ず歌がうまくなる本を知る。


スポンサーリンク

翌日早速、国立図書館に視聴に行きました。
ここでのボイトレ教本物色中にもう1つ良いものを見つけました。
それはパーフェクト・ボイストレーニング 腹式呼吸にこだわるな! 発声と発音をリンクさせた画期的練習法です。


これも衝撃的でしたね。腹式呼吸なんかよりずっと大事な事があると言うものですから。
付属のCDで先生が悪い見本で地声張り上げで『あ~』と出すのですが、正に私が自分の熱唱を聴いて感じた嫌な感じでした(笑)
そう、これで確信しました。

地声張り上げではダメなのだと

もちろん地声張り上げも力強さを出す表現方法としてはあります。
ただこれは綺麗な発声ができた上でのテクニックと私はとらえまして、今の自分が抜け出したいと思っている状況から地声張り上げはダメとしています。
※地声張り上げを否定している訳ではありません

この本では声を綺麗に響かせることに重きを置いています。
この先生の発声を真似する様にしてから聴くのが嫌だった自分の歌が聴ける様になりました!
ぜひオススメの1冊です。

さて、『ミックスボイストレーニングで必ず歌がうまくなる本』の紹介をさせていただきます。


まずこの本では裏声を出す喉の筋肉を徹底的に鍛えます。
喉の筋肉を鍛えるなんて、発想からして無かったですね。

男性用のプログラムでは最初に裏声で『ホーウ』ってやるんですが、hihiAまで出せと言われます。もちろん普通の人は出ません。私も出ません。だってこの高さ、瞳の住人(ラルク)の最高音ですもん。

つまり筋肉を鍛えることが目的なので、出そうとする事に意味があるのですね。
と、やっていくうちに、ミックスボイスとは何かが分かってきます。
そして徐々にですが、高い声が地声の張り上げじゃなくなってきます。
そしてさらに嬉しいのが、地声から裏声までが滑らかに繋がることです!
これはもう、ラルクファン必見ですよ♪


スポンサーリンク


カラオケランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ カラオケへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です